• このエントリーをはてなブックマークに追加

ガソリン補充方法で選ぶレンタカープラン

レンタカーは、車種や時間、新車を利用しているのか、カーナビ付きなのかなどの条件によってレンタル料金が決まっているのですが、これ以外にもかかる費用としてガソリン代があります。借りた時には満タンに入れられているものですが、その後には走った分だけ減ってくることになるため、何日も利用したり長時間の運転となると、返却前に空になってしまって途中で補充することもあります。また、返却の際には使った分をどうするのかというのは店舗によっても制度が違ってきます。必ず満タン返しをしなければならないという店舗と、使った分は各自で補充しなくてもよいという店舗もあるのですが、どちらの店舗にもメリットを持っているので利用する目的や使い勝手の良さなどから選んでみるといいでしょう。

満タン返し制度を利用するとなると

レンタカープランでは、満タン返しを採用している店舗が主流となっています。すでに満タンに入った状態で貸し出されることになるので、返却の際にはガソリンスタンドへ行って満タン指定をして給油をすれば、元の状態に戻すことができます。 満タン返し制度を採用してる店舗を利用することによるメリットとしては、自分でスタンドを選ぶことができるというメリットがあります。車を借りた店舗から近い場所にあるスタンドを利用する必要がありますが、店舗の指定はありません。最も近い場所に限定されることがないので、多少であれば遠くなったとしても安い店舗を利用しても構わないので、セルフスタンドを選択するなど、より費用を抑えることができます。とくに、たくさん走った場合には1Lあたり1円の差であっても大きな得をすることにもなります。

満タン返しをしなくてもよいという場合

満タン返しをしなくてもいいというプランでサービスを提供している店舗になると、店舗内に給油ができる施設が備わっていることにもなります。スタンドを経営しながら車の貸出を行っているという場合に多く、自社のスタンドを利用してもらいたいという目的も持っています。 スタンドで給油のために入るにも、場所によっては入口が狭かったり出入りに誘導してもらえない店舗もあるので、運転が苦手な人や普段はあまり運転をしない人になると店舗に入るのも躊躇してしまうことになります。しかし、給油せずに返却ができるとなると安心です。 また、短時間での利用や見知らぬ場所になると、満タン返しとなればスタンドを探したり給油したりする時間ももったいないものですが、この時間を短縮することにも役立ちます。

ピックアップ記事

料金の比較がポイントのレンタカー選び

車を所持している場合には、駐車場など置き場を確保する必要があり車検などいろいろと出費がかさみます。毎日、仕事や私生活において利用する場合には問題ありませんがたまにしか車を利用しないという場合には、購入...

レンタカーの選び方は、お店の評判も参考にしよう

旅行先で便利な足になってくれるのが、レンタカーです。いろいろな車種があり、値段や、好みで選ぶという人が多いのではないでしょうか。普段乗ることが出来ないようなタイプの車を選ぶことが出来るので、利用する楽...

ガソリン補充方法で選ぶレンタカープラン

レンタカーは、車種や時間、新車を利用しているのか、カーナビ付きなのかなどの条件によってレンタル料金が決まっているのですが、これ以外にもかかる費用としてガソリン代があります。借りた時には満タンに入れられ...